2018.05.01

木のはなし

木材の地産地消

工務店の親父&大工の親方

 

10年ほど前より、公共工事の設計図書の特記事項に【木材は地産材を使用する事】の書入れを、しばしば見るようになった。

地域の林業を守り、治水対策や温暖化対策に貢献するのが目的のようだ。

 

設計図上の問合せ先に、その地域の森林組合の記載が有ったり、無くてもNet社会の現代なら、すぐにHPにたどり着く。

ためしに連絡すると奴さんたち、現場で使う材料のことは良く分かっている。

そして現金さえ準備すれば、すぐ売ってくれる。

値段は、誰にでもワンプライス!

ここで、ふと考えた…。

いつも材木を買う、小売店や問屋はどこへ行った?

 

後日別件で、ゼネコンからの積算協力依頼があった。

また、問い合わせたら

「オタクで問合せは3件目」

「この物件は来月、入札だからネ」

「どこが受けても、うちしか納材できないヨ」

まったく良い商売だ!

 

使う側の目線で、言わしてもらえば

生産量が少なくて、材料の選別も出来ねエ~。

仕事がしにくくて、仕方ねエ~。

最近は、1都6県公共工事で【産地指定】が大はやり。

自分の地域林業を守るのに、必死なのか?

だが俺の出身は、秋田だ。

人口が減ってく地方では、たくさんの建物は建たない。

一大消費地の首都圏で、木材を使ってくれなきゃ

地元の、地方の林業はどうなるんだ?

せめて【国産材指定】ぐらいにしてくれないと…。

戻る