2018.05.01

木のはなし

ローズウッド

ローズウッドはマメ科のツルサイカチ属(Dalbergia)に属しています。このツルサイカチ属は世界中に150種以上あるといわれ、本紫檀や手違い紫檀(チンチャン)もこの属になり、用途は家具・楽器(弦楽器、管楽器、打楽器)・仏壇・床柱・唐木細工・その他木製品(ナイフ・包丁の柄、ビリヤードのキュー、ボタン、アクセサリー、数珠、箸)など高級材として多岐に使われています。

ローズウッドを含むツルサイカチ属の木を何種類かご紹介します。同じ仲間でも色や香りが違います。

写真左より

(学名)          (通称)

Dalbergia nigra      ブラジリアン・ローズウッド、ハカランダ、ジャカランダ

Dalbergia stevensonii   ホンジュラス・ローズウッド

Dalbergia latifolia     インディアン・ローズウッド(インドローズ)、ソノケリン

Dalbergia baronii      マダガスカル・ローズウッド

Dalbergia spruceana   アマゾン・ローズウッド

Dalbergia frutescens   ブラジリアン・チューリップウッド

Dalbergia melanoxylon  アフリカン・ブラックウッド

Dalbergia cearensis    キングウッド

Dalbergia retsusa     ココボロ

Dalbergia oliveri     チンチャン・手違い紫檀

Dalbergia cochinchiensis 本紫檀

※木材業界でローズウッドというとインディアンローズウッド(インドローズ)やソノケリンのことを指すことが多い。

このツルサイカチ属の木は2017年1月2日より、ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引に関する条約)により輸出入に規制がかかり、入手が難しくなってきました。

 

戻る