2018.05.29

木のはなし

木材は優れた素材である

 木材は優れた素材である。まず「環境にやさしい」という点から、CO₂の吸着固定についてである。以下の資料より算定していくと、体積の約320~450倍の吸着固定がなされている。

 これは、木造の管柱3m×105mm×105mm 1本に吸着固定されているCO₂の体積は、1m×1mの管に入れて立てた場合、12m程度になり、4階建ての高さになる事がわかる。

 植林する事で、又、新しいCO₂の吸着固定が期待出来る。

 これが環境型循環素材である木材の特徴である。

 

~~~~~~~~木材1㎥に吸収固定されているCO₂の量~~~~~~~~

 

・木材1㎥に固定されているCO₂の換算重量

  木材の全乾比重を仮に0.5とすると

    木材1㎥の重量は1㎥×0.t/=500kg

  一般的に木材の重量の50%C(炭素)

    木材1㎥に含まれるCの重量は500kg×50%=250kg

 

  C 250kgCO₂の重量に換算する

    C molの質量12g

    O(酸素)1molの質量16g

    CO₂ molの質量 12+16×=44g から

    250×44/12916㎏

  木材1㎥に固定されているCO₂の換算重量は約916㎏

 

・木材1㎥に固定されているCO₂の体積

  CO₂の比重 CO₂molの質量44g

        CO₂molの体積22.

        44÷22..964g/ℓ=.964㎏/

  CO₂の体積は916÷.964466㎥(木材の体積の約466倍)

 

・ヒノキの場合で、全乾比重を0.38とすると

  ヒノキ1㎥に固定されているCO₂の換算重量は約696㎏

  ヒノキ1㎥に固定されているCO₂の体積は696÷.964354㎥

  (ヒノキの体積の約354倍)

 

・スギの場合で、全乾比重を0.35すると

  スギ1㎥に固定されているCO₂の換算重量は約641㎏

  スギ1㎥に固定されているCO₂の体積は641÷.964326㎥

  (スギの体積の約326倍)

 

molは数量の単位で、1molは6×10の23乗個に相当する

 

寄稿:小林功治

戻る