2018.11.08

木のはなし

木材流通のイメージ2 出材1

山で伐採した木を、貯木場をへて製材工場や港まで運ぶ
そもそも山に入るのに道を作ることから始める
予算を立て山師(本物の)が立木価格、伐採費用を見積もって
いまは重機やヘリを使うが、それがない時代、やはり重たいものは水に浮かべて運ぶ

丸太に乗って水路を下るアトラクションがある

こんなものを山の中に作るとは、人間ってすごい

また川で筏を組んで流したり
“ライン下り”はそのインフラを観光アトラクションに転換したもので、考えることは同じか

おまけ

 

戻る