2019.02.28

ビジネス

木材の単位2(ビーエム)

調子に乗ってその2など

身体尺は世界中にあって有名なところでイギリス・アメリカのフィート

(Foot,Feet、1フィート(以下1′)と呼ぶのは日本だけ複数形がフィート)。

 

文字通り足の大きさで約30.48センチ(ほぼほぼ1尺なので分かりやすい)

インチ(以下1″)は1フィートの1/12 ほぼ2.54センチ(これがめんどくさい、なぜ12で割った!)

TPPでいうところの貿易障壁である

 

 

日本の石のような単位が、FBM (Feet Bord Measure フィートボードメジャー)

日本が柱を基準として体積を図るのに対してFBMはその名の通り板基準

製材品では

1FBM = 1′ X 1′ X 1″

 

1FBM = 30.48cm X 30.48cm X 2.54cm = 0.00236m3

よって、m3に直すときは 1/0.00236 = 423.7288 でFBMを割ってやればいいのだが

商慣習として 424 で割る 424FBM = 1m3 となることが多い

 

通常断面はインチXインチ、長さはフィートで書かれることが多いので

2″ X 6″ X 10′ (だいたい51mm x 150mm x 3m 位)の材積は

2 x 6 x 10 /12 =10FBM (インチXフィートXフィートに直すので12で割る)

さらに424で割って 10/424 = 0.0236m3 となる

直接m3に直すには

2 X 6 X 10 /5,088 = 0.0236m3

 

m3の場合、ほとんどの場合小数点以下3~4桁で丸める

電卓の桁が足りない頃、FBMのm3換算をソロバンでやっていたらしいですよ

よくあるサイズは単材積(1丁材積)換算表が貼ってあったそうじゃ

寄稿:そろばん3級

 

 

戻る