2017.11.28

木のはなし

木の色(色を染めてるわけではありません)

 

立木からはわかりませんが、板に製材すると写真のように赤・緑・
紫・オレンジ・ピンクなど様々な色の木が世界中にはあります。
この自然のままの色を生かして、箱根の寄木細工や木象嵌や木の
アクセサリーなどが作られます。

※木象嵌とは、木材の色や木目を生かし、切り取った木をはめこみ、
絵や模様を表現する技術。

 

 

 

 

 

 

 

【緑系】

写真左から
(材種)    (科名)   (産地)
パロサント   ハマビシ科  パラグアイ
ホオノキ    モクレン科  日本

 

 

 

 

 

 

【赤系】
写真左から
(材種)    (科名)   (産地)

パドック    マメ科    アフリカ
ブラッドウッド クワ科    ブラジル

 

 

 

 

 

 

【黄系】
写真左から
(材種)    (科名)   (産地)
イエローハート ミカン科   ブラジル
ニガキ     ニガキ科   日本
カヤ      イチイ科   日本

 

 

 

 

 

 

木でオリンピックの五輪マークが作れるかも?

 

残念ながら青系がありません。

戻る