検索

2022.03.10

木材よもやま話

「木視率」という言葉をご存じでしょうか?

「木視率」とは、建物の空間にいる人から見える木材の割合のことです。
例えば、ログハウスのようにすべてに木肌が見えていれば、木視率100%になります。

その木視率については、部屋にいる人にどんな影響を与えるかも研究されてます。
データによれば、木視率30~40%では人はリラックスしやすく、45%~50%になると気持ちが積極的になるそうです。

ですから、寝室を30%くらいの木視率にすれば眠りに就きやすくなり、仕事部屋を木視率45~50%にすれば、やる気が出て勉強や仕事が捗るということになります。
実際、身体の脈拍までも、木視率に比例して上下するほどの影響があるそうです。

 

木材会館 6F 小ホール 委員会開催中 木視率55%(適当) おかげで、やる気が出て会議が捗るハズ

 

一般的な住宅では、部屋の面積のうち壁が6割で、天井と床がそれぞれ2割となっています。
新築やリフォームの際に、部屋の用途に合わせて木視率を調整してみてはいかがでしょうか。
また、木肌の割合だけでなく、好みの色の組み合わせも理想の部屋作りには大切です。
木材には驚くほど沢山の色合いがありますから、
”色から木材を探せる 逆引きよもやま図鑑”をぜひ参考になさって下さい。
https://www.mokuzai-tonya.jp/01study/ura-mokuzai/index.html

ちなみに、新木場駅前の、コ〇ダ珈琲店にも木視率が取り入れられているとか・・・。
他の店舗も約40%くらいの木視率にされているのだそうです。
珈琲を飲みながら、リラックスでき仕事もはかどる木視率に設定されているのでしょうか。

いろんなお店や施設などに行かれた際に、木視率の効果を自分の気持ちの変化で感じとる体験は面白いかも知れませんね。

– YU-KI

戻る