検索

2021.08.10

DIY・趣味

メープルシロップ

材木屋をやっていると、「今度カナダに行ったとき、メープルシロップ買ってきて」と頼まれる

メープルシロップ (Maple Syrup) ホットケーキにかけるあれです
カナダ国内では、消費税がかからない 名産品だからだとか

この カナダの消費税は
GST (Goods & Service Tax) が 5%, 他に
PST (Provincial Sales Tax, 州消費税)が 7% の合計 12%
メープルシロップは両方かからない

 

 

 


メープルの幹に蛇口を付けて、樹液を採取、に詰めて作る


ハードメープルから採れるということで、イタヤカエデからも

カナダのオーガニックストアに行くと山ほどメープルシロップが売っているわけだが、グレードがある
No1(ライト Light), No2(アンバー Amber) など(フランス語表記でNo1 は クリア )

英語のほかにフランス語が公用語なので、薬から、食品まで両表記で説明・成分・注意書きが書いてある
映画 ダイ・ハード3で、薬の瓶にフランス語で注意書きがあったせいで、犯人のアジトがカナダにあるとピンときたブルース・ウィリス演じる ドラえもん  マクレーン、この意味が分かるのは材木屋だけだろう

No1 Light

No2 Amber

店主に違いを聞いたところ、季節で色が濃くなるとか言ってたが、動画を見た感じフィルターの加減ではなかろうか

別にNo1がスペシャルで値段が高い訳でもなく
好みが多様で、No2の方が味も濃い(?) 

土産物として買うときは、No1を買ってしまう
説明が面倒くさいので

[メープル超合板]

戻る